〜もっと世界を見てみたい!〜たじはるのWorld Travel
シンガポールのセントーサ島は本島から南に少し離れた場所に位置し、政府によって数年かけて一大レジャーセンターとして開発された東西約4キロメートル、 南北約1.5キロメートルの小さな島です。ショッピングモールやホテル等が建つ中心部とはまた違った観光ができるプチリゾート地で、観光客にも地元民の行楽地としても大人気!
セントーサ島へは中心部からのアクセスがとても楽。シティエリアから行きやすいハーバーフロント駅で電車を降りて、階を上ればセントーサ駅に。
こちらのセントーサ駅から島の中心へ向かうセントーサ・エクスプレスに乗ります。セントーサ・エクスプレスは入島料込みで4シンガポールドルですが、こちらは一度払えば島内では何度でも乗り放題。ちなみにケーブルカーやバス、自転車や徒歩でもアクセスすることができ、それぞれ値段も変わってくるので時間や価格を比べて自分に合うアクセスの仕方を選べますよ♪ セントーサ島にはウォーターフロント駅、インビア駅、ビーチ駅の3駅があり、それぞれ行きたいエリアによって降りる駅が変わってきます。
インビア駅からアクセスできるマーライオン・タワーはぜひ一度は行ってほしいおすすめスポット!なぜかというと…?
なんと、マーライオンの口から絶景を楽しめるんです!マーライオンと言えば市内中心部マリーナベイ地区にあるマーライオン像が有名ですが、シンガポール内に数頭いる中で一番巨大な像がここセントーサ島にあるマーライオンタワーなのです。
そんな巨大マーライオンは全長37メートル。さらに上へ行くと、より見晴らしの良い展望台へ。
そこにあったのは世界各地のランドマークまでの距離や建設年、高さなど。(高さをマーライオン何個分かで表されているのが良い!)
こうしてマーライオンの数を見て比べるとエッフェル塔の高さがよくわかりますね♪日本のランドマークはありませんでしたが、ぜひスカイツリーを入れてほしいところです! セントーサ島の南側にはシロソ・ビーチ、パラワン・ビーチ、そしてタンジョン・ビーチの3つのビーチがありますが、一番行きやすいのがビーチ駅から行くシロソ・ビーチ。
人工島とは思えないほど南国感に溢れています。シンガポールは年中暖かいのでどの季節でも遊泳を楽しめますが、特に4月〜9月の乾期は晴れが続くのでオススメです♪ シロソ・ビーチはたくさんの人で賑わい、オシャレなカフェやレストランなどからはアップテンポの音楽が聞こえる割と若者向けのビーチです。
ビーチで泳いだらカフェでのんびり過ごすのも良いかも♡
シンガポールは週末+1日でも楽しめるので、思い立ったときに格安チケットですぐ行けちゃいます!弾丸旅行でぜひ。

MAP

この記事の場所