〜もっと世界を見てみたい!〜たじはるのWorld Travel
7月に入ってより一層気温が上がる毎日、こんなに暑いとやっぱり行きたくなるのは・・・ビーチ!世界には人気のビーチリゾートがたくさんありますが、どこも綺麗で行き先に迷ってしまいますよね。
そこで今回は私が行った中でも特別だと感じたとっておきのビーチをご紹介致します☆
今回ご紹介するのは絶景スポットとして世界中から観光客の集まるドブロブニク。オレンジ色の屋根をした建物が広がり、澄んだ青空が似合うヨーロッパ屈指のリゾートです。
その美しさから「アドリア海の真珠」とも称されており、旧市街は世界遺産に登録されています。
旧市街は城壁で囲まれているので中心からは海が見えないのですが、少し歩いて城壁をくぐると現れるのは美しい停泊所。ビーチへの期待が高まります(笑) そして旧市街から徒歩約10分。やってきたのは“バニェビーチ(Banje Beach)”。
透き通るブルーとエメラルドグリーンのグラデーションがとても綺麗で、町からすぐ近くにあるとは思えない美しさ!
こんなに透き通るビーチを見るにはやっぱり天気も大事。私は6月に行きましたがこの快晴でした!天候が安定するおすすめのシーズンは5月〜9月なのでこの期間で行くのがベスト。 7月、8月になると観光客は増えますが、場所柄、やはりヨーロッパからの訪問が多いようです。ビーチは人も多すぎず騒がしい様子もなかったのでのんびりと過ごせました。
石でページを留めて本を読む男性。「ドブロブニクのビーチで読書」って贅沢な時間の使い方だけど、これもリゾートならでは。
ドブロブニクにはプライベートビーチも含めて何か所かビーチがありますが、その中でもバニェビーチが人気なのは旧市街からの近さや美しい海に加えて旧市街を外から眺められること。 ドブロブニクのビーチの楽しみ方の一つに、船に乗って旧市街の周りや近くの小さな島をぐるっと周るボートツアーがあります。旧港へ行けばたくさんのボート会社のカウンターがあり、その場で申込みが可能です。ほとんどの会社が同じ値段ですが相場は50分/10ユーロ。
船でしか来れない場所には洞窟があり、より一層透明度が高いエリアになっています。
また、夕日に照らされるアドリア海も必見!ドブロブニクは建物が低いため、空が広く見える気がしました。そんな空がグラデーションに染まる姿は昼とは違う美しさがあり、心が穏やかになれる時間を過ごせます。 魅力たっぷりのドブロブニクのビーチへぜひ。

MAP

この記事の場所