〜もっと世界を見てみたい!〜たじはるのWorld Travel
オランダと言えば?と、聞かれたら多くの方が連想するのは風車。オランダには世界遺産にも登録されている“キンデルダイク”という町があるのですが、今回は風車だけではなく可愛い町並みも堪能できる“Zaanse Schans(ザーンセ・スカンス)”についてご紹介いたします!
ザーンセ・スカンスへは首都アムステルダムから電車で約20分。先ほどのキンデルダイクよりもアクセスもよく、旅程に余裕がない方でも風車を一目見たい!という方はこちらを訪れることが多いようです。
町の広さはそこまであるわけではないのですが小道が多くてそぞろ歩きをしていると割と時間がかかります。迷わないためにも駅についたらまずは近くにあるこちらのマシーンへ。手前に付いているレバーを下げると、フリーマップが出てきますよ! そんなザーンセ・スカンスの可愛い町並みとは…?
そう、ここは風車が有名な街でありながら深緑色に塗られた家々が並ぶとっても可愛らしい街なんです!
もちろん橋も緑色。
緑の家の周りには草木が生い茂り、川には鴨が泳ぐ姿も見られるのんびりとした町。もちろん治安は良く、女子一人旅にもすごくオススメの場所です♡ 風車村として知られるザーンセ・スカンスにはこのように家の真横に風車があります。
家と風車が並ぶ町並みは日本人としては見慣れない光景なのでなんだかワクワクしますね!
全盛期には約600基の風車があったそうなのですが、現在この町にあるのは12基。様々な役割を果たす風車はオランダの人にとって欠かせないものであり、風車があったからこそ今のオランダがあると言っても過言ではありません。
中に入ることができるので入ってみましたが、内部ではたくさんの歯車が重なり合って絶えず稼働していました。風車を外から見ることはあっても中に入ることはめったにないので、この町へ来たら内部の見学もぜひ♪ また、風車だけではなくこの町にはオランダの伝統にちなんだ多くのお店や工房などがあります。
こちらの大きな靴が目印のお店は、オランダの伝統であり現在ではお土産でも大人気の「木靴」が売っているショップ&実際に作っている工房です。
店内にはサイズ豊富な色とりどりの木靴が売られています。
また、木靴がどのようにして作られるのかを面白おかしく店内で実演しているので購入する前に一度作られる様子を見てみてください!ただ作るだけではなくて、演技派の職人さんが表情やジェスチャーで笑わせてくれながら作っていくので言葉がわからなくても楽しみながら作る工程を知ることができますよ♪
他にもチーズ工房やオランダ名物を多く取り揃えるお土産屋さんなどもあるので、半日〜1日余裕を見て訪れてみてください♡

MAP

この記事の場所