〜もっと世界を見てみたい!〜たじはるのWorld Travel
可愛らしく咲くヒマワリ、自然たっぷりの場所に咲いているのかと思いきや、なんとここは空港!
どこかと言うと・・・?
世界から大人気、シンガポールにある「シンガポール・チャンギ国際空港」です。
この空港、“世界一の空港”との呼び声も高く、その理由としては空港内の変わった施設やサービス。
今回はチャンギ空港に行ったらぜひ体験していただきたいことをご紹介致します!

長いすべり台を滑ってみたい!

ターミナル3の到着ロビーにある“The Slide@T3”。なんと、1階から地下3階まで下りられるすべり台なんです!チャンギ空港内で発行された10シンガポールドルのレシートを提示すれば無料で1回滑れます。
カラフルに光るすべり台、子供から大人まで楽しめると大人気です!空港で滑り台なんてなかなか体験できないのでチャンギ空港に行ったときはぜひ♡

気になるゲームを体験したい!

“3D Xperience Zone”では無料で3Dテレビや3Dゲームを体験することができます。
また、他エリアになりますが“Entertainment Deck”では、PCゲームやXBOX360、PLAY STATION3などでも遊ぶことができますよ♪
気を付けないとついつい時間を忘れてしまいそうですね!

無料映画館で人気作を観たい!

第2、第3ターミナルにはそれぞれ映画館が。
ここももちろん無料。しかも、比較的最近の映画が上映されているから驚きです!
たとえトランジットが長時間だったとしても映画を見ていたら待ち時間もあっという間ですね♪

庭園で自然を感じたい!

チャンギ空港には各ターミナルに自然を堪能できる庭園がいくつかあります。
ここは鯉が泳ぐ庭園。きちんと手入れされた植物も見応えがあります!
そしてこちらはヒマワリが咲く“SUNFLOWER GARDEN”です。 常夏のシンガポールだからこそ綺麗に咲いています♪
たくさんのヒマワリに囲まれるって、一度は味わってみたい憧れの体験ですよね♡
他にも蝶が舞うバタフライガーデンなどもあるので、庭園めぐりをするのもいいかも!

疲れた足をマッサージ機で癒したい!

チャンギ空港内には所々にマッサージ機があります。しかも無料。
フライトでむくんだ足、観光で歩き回って疲れた足を癒してくれると大人気です♪

アートに魅了されたい!

第1ターミナルには、ドイツを拠点に活躍するフィンランド人アーティストのJussi Angesleva氏によってデザインされた“Kinetic Rain”と呼ばれる世界最大の動く彫刻があります。
この彫刻は608個からなるアルミニウム製の雨のしずくから構成されていて、ワイヤーで吊るされたしずくが上下に動くことで様々なデザインに変化します。
その滑らかな動きは誰もがみとれてしまう美しさ。必見ですよ!

スタバで限定マグを買いたい!

空港内にはスターバックスコーヒーもいくつかあるので休憩に♡お土産にシンガポール限定マグはいかが?

最後におまけのお得情報!

シンガポール・チャンギ国際空港を経由で訪れる場合、次の飛行機に5時間半〜6時間以上の乗り継ぎ時間がある方はシンガポール観光局主催の2時間半の無料ガイド付きツアーに参加できます。ツアーは全2種類。

文化遺産をめぐるヘリテージツアー
⇒マーライオンパークや植民地時代の建造物、チャイナタウンなどシンガポールの多民族文化を堪能できます。

夜景を楽しむシティライトツアー
⇒夜のみ出発のこちらのツアーではシンガポール・フライヤー、マリーナ・ベイ・サンズなどが一望できるマリーナ・ベイ・ウォーターフロントやラッフルズ・ホテルなどを訪れます。

いずれのツアーもどの航空会社を利用していても参加できます!
■フリーシンガポールツアー
https://www.singaporeair.com/ja_JP/special-offers/free-singapore-tour/
余談ですが、チャンギ空港は全ターミナルに無料Wifiが通っています。空港から出る前に調べておきたいことがある方には嬉しいサービスですね。
最終地でも経由地でも最高に楽しめるシンガポール・チャンギ国際空港。きっと訪れたら世界一の空港に選ばれている理由がわかるはず♡

MAP

この記事の場所