〜もっと世界を見てみたい!〜たじはるのWorld Travel
先日、ある撮影のためにフランスへ行ってきました。
パリは三度目だったので今回はパリからTGV(高速列車)に乗りフランス東部のアルザス地方へ!
はじめに向かうのは“コルマール”という街。
最近ではCanonのEOS 5DSのCMでも使われている場所ですが
実はこの街、ジブリのお城が動く作品で有名なあのモデル地にもなっているんです。どんな街なんだろう…ドキドキ。
パリ市内の各ターミナル駅からTGVが出ていますがコルマールへ行く列車はパリ東駅から出ています。
早朝6:55発の列車のため外はまだ真っ暗。
パリから列車に揺られること3時間…
まるでおとぎの国のようなコルマールに到着です!
駅からこのような木組みの建物のある中心地へは歩いて大体15分くらい。
所狭しと立ち並ぶ木組みの家々。
コルマールは戦災に遭わずに済んだため、中世の街並みがこうして今も綺麗に残っています。

木組みのパステルカラーをした建物に石畳の道。
何百年も前からこんな街並みがあったなんてちょっとびっくり。
そしてかわいいのは家だけじゃない!お店の看板も♡
私のイチオシはかわいいピンクとお花が印象的なこのお家!
横の壁にはオシャレな絵が描かれていました♪
街には運河が流れていて、その運河から眺める景色は夢の世界!
“かわいい”の連続で、女子にはたまりません♡
運河が流れるこの一角は“プティット・ヴェニーズ(Petite Venise)”と呼ばれているのですが、イタリアのヴェネチアにかわいさレベルを数段プラスしたような風景!
所要30分、小さなボートに乗って運河をゆらゆら。
のんびりとコルマールの街巡りができちゃいます。
そんなコルマールのベストシーズンはパリのベストシーズンと同じく5〜9月なのですが、こちらは気候や美しい花々を見るのに適している時期。
実はこの街はクリスマスシーズンもベストシーズンと言っていいほど人気なのだそう。現地の人にも「コルマールの冬は最高に綺麗だよ!クリスマスマーケットの時期にまたおいで」と言われてしまいました(笑)

かわいい家たちがクリスマスバージョンで装飾されて、マーケットにはクリスマス用品がたくさん並ぶなんて…
かわいすぎるっ!!

またゆっくりこの街に来たいと思いながらも次の目的地、フランスで最も美しい村と称される“リクヴィル”へ向かいます。

MAP

この記事の場所