日本からアブダビへ、そして世界へ。エティハド航空

アラブ首長国連邦の国営航空会社

エティハド航空は、2003年7月、国王令によって設立され同年11月に運航を開始した民間航空史で最も成長著しい航空会社の一つとして展開しております。航空会社の評価に大きく影響があるワールドトラベルアワードの『ワールドリーディングエアライン賞』を昨年までに8年連続で受賞しており、昨年においては、Skytrax社によって5スターエアラインに認定されました。世界の主要なプレミアム航空会社のブランドの一つとして不動の地位を築いた数々の賞を獲得しており、今までの航空業界のサービスの概念を打ち破り、業界に新風をふき起こしている航空会社になります。

エティハド航空航空利用 航空券一例

ヨーロッパ・アフリカ各地に広がるネットワーク

エティハド航空は62カ国110都市に就航しています。(※2017年4月時点 / 貨物便就航地含む)

アブダビ国際空港乗り継ぎ方法

アブダビ国際空港ターミナル1&3

アブダビ国際空港ではエティハド航空はターミナル1とターミナル3を使用しており、日本路線は主にターミナル3に発着します。(運航上の都合によりターミナル1発着となる場合があります。)

  1. アブダビご到着後、すでに乗継便の搭乗券をお持ちのお客様はターミナル内のモニターをご確認の上、乗継便のゲートまでそのままお進みください。
  2. 搭乗券をお持ちでないお客様、またお乗り継ぎに関するご質問のあるお客様は、ターミナル内のトランスファーデスクまでお越しください。
  3. ターミナル1とターミナル3は徒歩で移動でき、移動時間はおよそ10分です。
  • 日本人の場合、UAE入国にビザは必要ありませんので、乗り継ぎ時間にアブダビ市内まで観光等に出ることは可能です。
  • アブダビでのお乗り継ぎには、時間に余裕をもってご予約いただくことをお勧めいたします。
  • エティハド航空同士の必要最低乗継ぎ時間は60分です。(但し、米国、パキスタン便との最低乗継ぎ時間は75分)
  • ターミナル内には24時間営業の免税店、カフェ、レストラン、両替所がオープンしており、有料ラウンジ、エアポートホテルもあります。また、無料のWIFIも。
  • ファーストクラス、ビジネスクラスでご出発のお客様には無料でご利用いただける専用ラウンジがございます。

フライトスケジュール一例

成田 ⇔ アブダビ 一例

成田 ⇒ アブダビ
便名 成田発 アブダビ着
EY871 17:50 00:25(翌日)
アブダビ ⇒ 成田
便名 アブダビ発 成田着
EY878 22:10 13:05(翌日)

アブダビ ⇔ カイロ 一例

アブダビ ⇒ カイロ
便名 アブダビ発 カイロ着
EY651 03:10 05:00
カイロ ⇒ アブダビ
便名 カイロ発 アブダビ着
EY654 13:10 18:55

アブダビ ⇔ ナイロビ 一例

アブダビ ⇒ ナイロビ
便名 アブダビ発 ナイロビ着
EY641 08:45 13:00
ナイロビ ⇒ アブダビ
便名 ナイロビ発 アブダビ着
EY642 13:55 20:25

アブダビ ⇔ ヨハネスブルグ 一例

アブダビ ⇒ ヨハネスブルグ
便名 アブダビ発 ヨハネスブルグ着
EY604 09:50 16:30
ヨハネスブルグ ⇒ アブダビ
便名 ヨハネスブルグ発 アブダビ着
EY603 19:25 05:55

アブダビ ⇔ ロンドン 一例

アブダビ ⇒ ロンドン
便名 アブダビ発 ロンドン着
EY11 02:35 07:35
ロンドン ⇒ アブダビ
便名 ロンドン発 アブダビ着
EY12 09:35 19:55

アブダビ ⇔ パリ 一例

アブダビ⇒パリ
便名 アブダビ発 パリ着
EY31 02:10 07:55
パリ ⇒ アブダビ
便名 パリ発 アブダビ着
EY32 10:45 19:50

アブダビ ⇔ ローマ 一例

アブダビ ⇒ ローマ
便名 アブダビ発 ローマ着
EY7065 02:35 07:05
ローマ ⇒ アブダビ
便名 ローマ発 アブダビ着
EY7064 11:20 19:15

快適な空の旅を支える座席・機内サービス(成田-アブダビ線使用機材:B787 ドリームライナー)

エコノミー・スマートシート

エコノミー・スマートシートは、より快適なフライトを目指し、背中を支える特別なヘッドレストや、調整可能な背部サポートが装備され、かつ足元が広いリクラインニングシートになります。独特な「固定ウイング」ヘッドレスト付きのシート幅48cmのシートを使用。各席には調節可能なランバーサポート、革新的な多用途に使えるピロー、背中をより自然な位置でサポートする「クレードルリクライン(ゆりかご式リクライン)」の機能で、くつろぎやすい環境をご提供しております。

ビジネス・ステューディオ

ビジネス・ステューディオは、全ての席から直接通路に出られる設計になっている。シートは最大で全長204cmのフルフラットベッドになり、従来よりパーソナルスペースを20%拡大。ボルトローナ・フラウ社製の革張りのシートにはマッサージ機能が内蔵され、自分で座席の硬さ・快適さを調節できる空気圧クッションコントロールシステムを備えています。また、18インチのパーソナルタッチスクリーンTV、ノイズキャンセリング・ヘッドセット、スリッパ、旅行ガイド「LUXE」とコラボしたパーソナルケア用品入りの特製アメニティーキットも用意してます。

エコノミークラスお食事

エコノミークラスでは、ベジタリアン向け料理、目的地の郷土料理など、3種類から選べるメインコースからお選びいただけます。機内カフェサービスでは、軽食のほか、ティー、コーヒーをご用意しており、バーサービスでは一連のビール、ワイン、スピリッツ、ソフトドリンクからお選びいただくことができます。

ビジネスクラスお食事

メインコースに3種類をそろえ、好きなタイミングで食事を楽しめます。また、ビジネスクラス専用に食のスペシャリストであるフード&ビバレッジマネージャーも搭乗し、メニューの選択やそれにあうワイン選びをサポートいたします。

エンターテイメント

各座席には11.1インチのパーソナルTVモニターを備えています。パナソニックeX3エンターテイメントシステムが搭載され、高解像度スクリーンで合計750時間を超える映画、テレビ番組をオンデマンドで楽しめる他、いずれのクラスでも7チャンネルのライブテレビ放送、改良型ゲームを用意。また、携帯電話、Wi-Fiサービスも利用でき、USBポートと電源は各シートに設置されています。